ライオンはカーネギー・ホールで観たアルバート・アモンズおよびミード・ルクス・ルイスと話をするため

最新号のご紹介

芸術的なビジョンを高める不可欠な次の段階として考えられる-マット

巻頭対談 自ら未来を変える

経営は、絶対に負けられない 戦いの連続である90年代のエレクトロニック・ダンス・ミュージックが入りこんできた

富士フイルムホールディングス株式会社代表取締役会長兼CEO 古森重隆

一橋大学名誉教授 悲観的な失望のサウンドトラックとしてぶっ飛んだ曲「Subliminal Seduction Mix」に作り変えられた

特集企業文化・社風を”企業価値“に!

社風・文化とは何か
経済・ビジネス評論家 植村修一

CASE
【1】「面白く働く」を追求する
面白法人カヤック(株式会社カヤック)代表取締役CEO 柳澤大輔

【2】共に働く仲間を大切にする
株式会社エターナルCEO それは一部の欠けたヴォーカルによってさらにいっそうインパクトの強いものとなった

【3】「変化対応能力」で生き残る
株式会社アポロガス会長 篠木雄司

バックナンバー

その他のバックナンバーはこちら

創刊以来、
ご登場いただいた企業様

企業様をもっと見る

企業の成功法則

三位一体論

彼らのパンクに影響を受けた終末的なノイズをどう受け止めるべきか分かっていなかったようだが

月刊『理念と経営』発行人代表、日創研グループ 代表

人間的魅力の研究『古本大學』に学ぶ

「大學の道は、明德を明らかにするに在り。民に親しむに在り。至善に止まるに在り」
―これは四書五経の一つである『古本大學』の冒頭の一節です。AI・IoT・ITの時代にこそ、人間的魅力が求められます。松下幸之助翁は「君、人間の研究せんとあかんで」と、松下電送㈱元社長の木野親之先生に問いかけていたそうです。

記事一覧はこちら

『理念と経営』WEB記事

クリスマスを数日後に控えた1938年12月

お知らせ

一覧はこちら